×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

株式会社わいにえ

>>> onionsong : 迷路自動作成

取扱説明書
ソース
迷う / ゲームスタート

取扱説明書

基本説明。
:道(好きなように動いてください)
:プレイヤー(あなたです)
薄めの緑:壁(通れませんもちろん)
薄めの濃い赤:スタート(最初はあなたが乗っているので見えません)
薄めの赤:通った道(足跡です)
:ゴール(ゴールですが、行き止まりです)
Size:迷路のサイズです
DeadEnd:行き止まりの数 / 行き止まりになる可能性のあるポイント(これは、実験中に使っていたもので消し忘れです)
Time:時間(ms)

発展系説明。
 表示と同時に既にスタートされ、タイムが加算されていますが気にせずにテキストフィールドクリックして数字を入力してください。
 そこに入力するのは迷路のサイズで、入力可能なのは3〜99奇数です。
 数字を入力したら、Makeボタンクリック
 すると、素晴らしい迷路が作成されます。
 当然の様に、クリックした瞬間からタイムが加算されてしまいますので、急いでキーボードで操作(↑→↓←)してゴールまで行ってください。
 しかし、Makeをクリックしたあとキーボードをすぐ操作しても動かないことがしばしばあります。
 そんなときはShift+Tab二回押すと、驚く程簡単に操作できるようになります。
 一度ゴールまで行きますと更新(F5)を押さないと再度チャレンジできないシステムにしてあります。

最終説明。
 迷路を大きくしすぎると途中で飽きてしまい、折角の素晴らしい迷路の価値も半減してしまいます。
 飽き介な方は3*35*5が丁度良さそうです。
 私の最高記録は、3*3で16msです。

↑to menu

ソース

Maze.java

↑to menu

迷う